職安の求人状況

職安は正式には公共職業安定所と言う名称ですが、一般的にはハローワークの愛称が定着しています。

不景気とあって都市部の職安には毎日大勢の求職者が職を求めてやってきます。

そのため過剰な需要に対応できない状況が続いており、人によってはやっと職安のシステムを利用できるようになるまでに3?4時間やあるいはそれ以上待たされることさえあります。

職安ではパソコンが並べられたルームの各ブースを利用して、自分の条件などを入力して、望みどおりの職場があるかどうかを確認します。

うまい具合にいくつかの候補の会社が見つかった場合は、職安の指示に従って会社に連絡をとり、履歴書を発送したり、面接を受けたりします。

大都市部にある職安では、こうした求人のデータ探し以外にも、さまざまな就職関連のセミナーを開いたり、職業訓練などを行っているところもあります。

また民間の求人会社などと提携して積極的に就職を斡旋してくれる場合もあります。

最近の職安の求人状況は、正直言って有り余るほどの求人情報があるとは言えません。

また利用者側もなかなか思い通りの職種の求人がないことを嘆いているような場面も良く目にします。

しかしこのような時こそ、自分のスキルを磨いて企業の求めるさまざまなニーズに応えられるように備えておくのが賢い時間の使い方であると言えるでしょう。

職安のセミナーなどは無料で行われおり、職業訓練もほとんど原材料の費用などが必要となる程度です。

いつまでたっても良い求人に巡り会わないと嘆いている時間があれば、こうしたセミナーなどに足を運びましょう。

セミナーを受けることで就職に有利な貴重な情報などが見つかる可能性もあります。

ページのトップへ戻る