日経225先物取引とは?

日経225先物取引とは聞いたことがあるでしょうか?まず先物取引とは何か、そこからお話ししたいと思います。

特定の原資産を将来の特定された日に、今の時点で決めた価格で売買することをいいます。

現時点で成立している値段で、将来の売買を約束するといった方がいいかもしれません。

将来に特定された日が決められているということで期限が付いている取引を行うという考え方もできます。

日経225先物取引は日経平均225銘柄の株価平均指数化によって先物したものとなります。

日経225先物は満期日に決済するのですが、期限前の反対売買によって持ち高を解消して、差益金や差損金の受け渡しを行って損益が決まります。

株価指数を先物としていることを金融先物といいますが、これは金融派生商品ということになります。

日本の金融先物はほかにも、金利や国債などを対象にしているものもありますが、その中でも日経225先物取引は取引の量が多いことが特徴で、個人投資家も数多く参加しているというのが特徴になります。

大阪証券取引所で上場していますし、シカゴマーカンタイル取引所やシンガポール取引所でも上場されているのが特徴です。

日経225先物取引の特徴としては、レバレッジ効果があり、信用取引のような金利や品貸料などがかからないこと、売りから入ることも可能であるという特徴があります。

少ない証拠金で取引できることもあり、手軽に始められるという特徴も魅力です。

ページのトップへ戻る